タイムマシーンでやってきた

Aloha.

言葉は不思議です。
そして、癒やしにも凶器にも
かわりうるものです。

◎文学的に
『わたしは、タイムマシーンでやってきた』という世界と、

統合失調症の人が
『わたしは、タイムマシーンでやってきた』と発言し与える世界と

同じ文章ですごく違うことでしょう。
そこには、先入観や
偏見、傍観があります。
でも、それは
人間らしい行為かもしれません。

先入観や偏見そのものは
前頭葉が発達して
身を守る思考能力として否定すべきではありません。
でも、傍観に関して
わたしが長きにわたり
行ってきた行為で愛が枯れた理由です。

独身の頃に
日々振り回された父方の祖母との
壁は
『歩み寄ろうとせず、ただ傍観者として厄介者扱いをしていた』
ことにあります。

わたしは、祖母に生活を
乱され続けたわけですから、
好きだといえません。
被害者だと思ってきました。
ところが、
いま、祖母と似た行動を取るたび、
独身の頃に抱いていた
感情を持たれているんだろうな……
と思ってしまうのです。

要するに、自分が加害者であることの
苦しみです。

3年前の7月3日、こんなことを
Facebookで書いていました。
わたしが
タイムマシーンでやってきた
とはこのことです。

✿✿✿✿✿

『あくび』

スマートフォンの故障により
依存している
生活を見直すことになった

不便だけど
その分
静かな時を手に入れた

家の電話から
誰かにかけようとしても
電話帳がないからかけられない

結局のところ
パソコンから
こんな風に
書き込みをしているのだから
同じことかもしれないけど
少しの間
なくていいやと思ったりする

つながることって何だろう
みんなが不携帯になったと
考えると

会うことがつながることだよね
そして
励まし
互いの話を認め
笑いあえることが
つながることかも

そこが出発点であってほしいと
おばさんは
あくびをする

✿✿✿✿✿

おばさん
とは、わたしのことです。

少しだけ
今より優しい表情をしている
気がします。
症状が安定していたので

『病気を克服した』

と思っていたんです。

A hui hou.