障害を受け入れること

Aloha.

ここ15年間、精神障害を受け入れず、

出来る限り

一般の人たちと同じように

働いてきました。

そうして無理をして、体調を崩せば

迷惑をかけたことを謝り

辞めてきました。

自尊感情がなくなる所以は、

3年半以上続いたことはなく

半年くらいで辞めたこともあります。

その都度、自分の無力さを痛感し

良くしてもらった恩を返すことなく

職場の方たちにも背を向けてきました。

 

今回の職場を離れる前、

薬で調節できているから

『もう大丈夫』と過信していたことも

あり、幻聴の症状が出てきたとき

ショックが大きかったのです。

 

今も疲れたら、横になるという

生活になっているため、

働くことはできません。

 

もう、受け入れるしかないのは

それでも

子どもたちは成長し、

来年ダブル受験が待っています。

『寝てたらいい』

ほど余裕がありません。

 

障害年金を申請しています。

本当に手続に時間がかかります。

その後、障害者手帳も申請します。

助けて欲しい……その気持ちだけです。

 

障害者のヘルパーをしていて思ったことは、

もちろん

わたしはしあわせですが

『どの枠にも入れない』で、

一般的にも働けず、

その意味で不幸せでした。

 

なので、もう十分にがんばってきたので

認めて欲しいです。わたしを

『障害者』の枠に

入れてください。どうかお願いします。

 

A hui hou.