チグハグが面白い人生だと言えたら未来は明るい

Aloha.

 

がんばらなくていい

でも

不満でいっぱいにならないで

『何か問題が発生したら

それはそれで面白い』

って抜け道を教えてくれた

未来への扉

なかなか面白い人生を歩んでるって

思いたい

いいや

チグハグでも

思えばいいよ

つい

怒らせてしまうことは

本当にごめんなさい

『何やってる?』と責めてくる声

『よくやってる』と

 

わたしにエールを送ってよ

そうして

優しい気持ちにさせてほしい

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

 

思春期の

子どもを怒らせてしまうたび、

何とかしてあげよう!

という気持ちがしんどさに負けて

薄らいでいるのを感じます。

 子どもたちが

小さい頃はもっともっと

良いも悪いも

意欲的でした。

 

それは更年期なのか、

病気のせいなのか

体力がなくなったのか

気力がないのか……。

 

興奮を下げるためにリスパダール

飲んだ後など、眠くて眠くて

仕方がないので、横になっているときに

子どもが帰ってくるという

シチュエーションが

数しれずあります。

そちらのほうが日常であり、

お母さん=ダラダラ寝ている

という印象だと思います。

 

息子が2歳の時に

『この子が一人前になるまで、

何があっても子育てしなくちゃ!

育てさせてください』と

誓いました。娘が生まれたときも

『自分の人生をしっかり

歩んでくれますように』と願いました。

主人は、22時〜23時まで

帰って来ないし、土日も仕事です。

だから、長い夜には

スーパー銭湯へよく行きました。

土日にはカラオケへ行きました。

書くと余計に

母親らしいことができていません。

 

必死で必死で育てたつもりですが、

今のわたしの姿は

『お母さんありがとう』

なんて言ってもらうのには

程遠い状態です。

 

成長する我が子。

わたしを批判します。

当たり前だと沈みます。

今までなんだったんだろー。

チグハグな毎日。

それでも

チグハグな自分にエールを送ります。

声の主がそうなってくれれば

否定的にわたしを

責めなければ

少しは過ごしやすくなるでしょう。

 

A hui hou.